不妊治療に対する鍼灸の役割について

cialisfrance24.com 不妊治療に対する鍼灸の役割について

こんにちは。

 

最近では不妊治療を専門とした
鍼灸院が増えてきていますね。

 

不妊症に鍼灸が効果的というデータが
アメリカなどからも報告されています。

 

芸能人も不妊治療に鍼灸を取り入れる方が
増えてきているという報道がありますね。

 

少しずつ不妊に鍼灸が効果的という
認識が世間に広まっていることを
嬉しく思います。

 

そこで、なぜ不妊症に対する鍼灸とは?
なぜ不妊症に鍼灸が効果的なのか?
というところをご説明したいと思います。

不妊症に対する鍼灸の役割とは?

 

鍼灸治療には様々な効果が期待できます。

 

その中で不妊症に対する鍼灸の役割として
冷えとホルモンバランスの調節があります。

冷え

女性の多くが悩まされる冷えが
鍼灸で改善しやすくなります。

 

冷えの原因の1つとして
血流の悪さがあります。

 

鍼灸は血流を調節することが出来るので
体の冷えを解消しやすくします。

 

子宮を含む内臓は血液によって
酸素や栄養を送られているので
体の冷えがあると活動量が下がってしまいます。

 

お腹や子宮に関係する組織を温めることで
妊娠体質に近づけることができます。

 

鍼灸と血流は大きな関わりがあります。

ホルモンバランス

鍼灸の効果のとしてホルモンの調節があります。

 

鍼灸は自律神経のリラックスする神経を
優位にしてくれる作用があります。

 

緊張やストレスでガチガチになった体は
ホルモンのバランスが悪くなることで
妊娠を遠ざけてしまうことがあります。

 

鍼灸でリラックスすることで
疲れやストレスから解放され
子供が出来やすい環境づくりがなされます。

 

ホルモンの調節が上手くいかなと
生理不順や基礎体温の乱れが生じます。

 

妊娠にとって必要なホルモンも
鍼灸が調節してくれる要素の1つです。

不妊症と鍼灸

このように不妊と鍼灸は
相性がいいものになります。

 

しかし、鍼灸は不妊治療にとって
1つの選択肢でしかないと思います。

 

病院の治療にプラスαで受ける方や
自然妊娠にこだわって鍼灸を受ける方など
考え方は様々です。

 

どうか色々な正しい視点を持って
不妊治療を行って欲しいと思います。

 

その中で高い効果を持つ鍼灸治療が
認知されていくことが良いですね。

コメントは受け付けていません。