トップページ

不妊症に鍼灸が効果的なことをご存知ですか?

現在、世界中で不妊症と鍼灸について研究されています。赤ちゃんができずに悩むご夫婦は7組に1組ともいわれています。別の統計では4組に1組ともいわれています。先進国ほど、不妊の割合が多くなり、鍼灸の分野でもそういう方々の悩みを解決するために日々研究がなされています。
このサイトでは鍼灸がどのように不妊に作用するのか?どんな風に鍼灸を受ければいいのか?などについて、実際の現場に立っている不妊鍼灸のプロが、一般の方にもわかりやすいようにまとめました。

 

 

不妊症に鍼灸が効果的な理由は?

鍼灸はWHO(世界保健機構)のガイドラインに不妊に効果があるされています。その理由は一番の理由は血のめぐりを改善することができるからです。ここでは『不妊体質の改善』と『鍼灸だけでは効果がない不妊』についてお伝えします。

鍼灸での不妊体質の改善とは?

人の体はストレスや疲労でにより内臓が弱ってきます。特に『自分が生きるためには必要ない』内臓から弱っていきます。たとえば、心臓や脳や肺は、止まった瞬間に絶命してしまうため優先的に守られます。しかし生き残るためにはなくてもいい内臓は、後回しにされてしまいます。それが生殖器官です。生殖器官はなくても生きていくことができます。そのため、自分に余裕がないと生殖器官はうまく働かなくなります。

そのようなときに、生殖機能を回復させるために次の3つのことが重要です。

ホルモンバランス、血液の質、血流の3つです。そのうち鍼灸は『ホルモンバランスを整える』ことと、『血流を改善する』ことが得意です。

これらによって、
・基礎体温が整う ・子宮内膜に血流 ・生理痛がなくなる
・卵巣への血流 ・精子の質 ・精子の量 ・卵子の質

など、さまざまな効果が期待されています。

 

鍼灸だけでは効果がでない不妊症

鍼灸だけでは改善しない不妊症についてお話しします。それは、生殖器官のいずれかが、全く働かないケースや先天的に機能していないケースです。

・精子が作られない
・子宮が機能していない
・卵巣が機能していない
・免疫機能に異常がある

などです。

これらの場合には鍼灸での改善が難しいことが多いようです。ただし、医学の発達により妊娠することができるようになりました。その場合にも、からだを鍼灸で整えると『血行がよくなり妊娠率があがる』と世界中から報告されています。

によって、血行が悪くなり生殖機能が落ちるケースがあります。そういうときに鍼灸はとても効果的です。
その見極めとして
・冷えや ・日常的な疲労感 ・基礎体温の乱れ
・生理周期の乱れ ・ストレスを日常にうけている
このような方は鍼灸がとても効果的ですので、相談してみてはいかがでしょうか。

鍼灸が効果的な範囲

この章の最後に、鍼灸で効果的なケースをお話しします。ストレスや疲労、なにかしらの病気など

不妊鍼灸のスタイル

鍼灸院によって様々な方法がありますが
おもなスタイルとして

 

・東洋医学的な治療をベースとする方式

・現代医学的な治療をベースとする方式

・両方の折衷スタイル(東洋医学と西洋医学のミックス)

 

などがあります。

 

1東洋医学的な観点からの施術方法

東洋医学では部分の異常より身体のバランスの乱れを重視しています。
主に身体の陰陽のバランス、身体の五臓のバランス、氣・血・水の乱れを
「経絡」と呼ばれている「氣」の流れる血管のようなものに鍼とお灸をして、
そのアンバランスを解消し健康に導く施術方式です。

 

 

2現代医学的な観点からの施術方法

 

現代医学的な鍼灸でも不妊治療にたいして様々アプローチが存在します。
現代医学的な考え方に基づいて行う鍼灸治療では主にホルモンをつかさどる
自律神経と、子宮や卵巣を含めた血流改善を目的として鍼灸を行う事が多いです。

 

妊娠に関わるホルモンを放出している器官はほとんどと言っていいほど
自律神経の命令をうけていますので、自律神経を通してホルモンのみだれ
を整えていきます。

 

また血流を改善する事で、骨盤や卵巣、子宮内を活性化させる事で
良質な卵子をつくる事ができます。

 

良質な卵子で受精、着床しないと出産というゴールにたどり着く事が
できません。

 

以上のように不妊症にたいしておこなう鍼灸を解説してみました。
どのような観点で治療するとしても全身の調整を抜きにして、
不妊鍼灸は成立しないという事がわかっていただけたのではないでしょうか?

不妊症の原因と鍼灸

 

不妊症になる原因は年齢など様々ありますが病気が原因で不妊になっている
ケースがあります。その中でも病院で検査をして明確な原因が見つかり診断が
できる場合を器質性不妊といいます。

 

1.器質性不妊

 

器質性不妊を大きく分けると

 

  • 排卵に問題がある「排卵因子」
  • 卵管に問題がある「卵管因子」
  • 子宮に問題がある「子宮因子」
  • 子宮頸管に問題がある「頸管因子」

 

の4つに大きく分けることができます。

 

不妊の原因としては最も多いのが原因不明の機能性不妊で
その次に多いのが卵管因子、次が排卵因子となっています。
検査で原因を特定できるのがおよそ全体の50%となっています。

 

・器質性不妊となる疾患

(1)排卵に問題がある「排卵因子」

▪PCOS(多嚢胞性排卵障害)

▪高プロラクチン血症

▪視床下部性排卵障害

 

(2)卵管に問題がある「卵管因子」

▪卵管通過障害(卵管閉塞、卵管狭窄、卵管癒着)

▪クラミジア性感染症

▪ピックアップ障害

(3)子宮に問題がある「子宮因子」

▪子宮筋線維症

▪子宮筋腫

▪子宮ポリープ

 

(4)子宮頸管に問題がある「頸管因子」

▪頸管粘液不全

▪抗精子交代

 

(5)その他の問題

▪子宮内膜症(チョコレート嚢胞)

▪性行為障害

 

 

器質性不妊はまず病院での検査、治療が第一の選択肢となります。
主に薬物や中には腹腔鏡などの手術での治療になります。

 

 

2.機能性不妊

 

特に身体には問題がなく排卵→受精→分割→着床とういう妊娠のステップ
上に何の原因もみあたらないケースを機能性不妊と言います。

 

東洋医学である鍼灸は部分に原因を求めて治療をするわけではありません。
例えていうならば、森林の環境悪化を改善するために現代医学では、
その森に生えている木や葉などを採取してきて顕微鏡で観察し細部に
異常がないかを調べていきます。

 

一方、鍼灸ではあえて森林を遠くから全体をみつめ、森林だけでは無く
空や森に流れ込む川の状態など全体を1つの現象(森林の環境悪化)と
とらえ治療方針を決定します。

 

現代医学とは違った視点からみる事で原因が特定できない機能性不妊には
鍼灸治療は大きな効果をもたらす場合が大いにあります。

 

不妊体質を鍼灸で改善する方法

鍼灸は様々な疾患に効果を発揮していき痛みを取ることや体質を変えること、血流を良くすることも可能な手法です。

マッサージや整体と違って筋肉や骨格にのみアプローチするものではなく、病院で見てもらう内臓異常にも対応ができるのです。

しかし、体質を変えるうえで必要な期間が存在し、治療を始めて間もない時期は変化を感じにくいこともあります。

しっかりと体に馴染んでいくことで少しずつ実感できる場合もたくさんありますし、不妊に対する鍼灸治療も体質改善が目的なので同じことが言えます。

そのため、ある程度の期間を要することになると費用もそれなりにかかってきます。

鍼灸は高いとイメージされている方も多いと思いますが、果たしてステップアップの治療を受けるのと自然に妊娠体質を手に入れるのではどちらが安いのか?

そこで、不妊体質を鍼灸で改善させるおおよその期間とそれにかかる費用はいくらくらい必要なのかというところをご説明していきたいと思います。

どのくらいの期間で改善

筋肉・骨格が原因の痛みなどと違って体質を変えるうえでそれなりの期間が必要になります。

仮に週一回の鍼灸治療を受けたとして、変化が表れやすくなってくるのは3ヶ月~半年になります。

これは生理周期や基礎体温などは一ヶ月周期で計測するものになるため、少ない数では効果として実感できないからです。

体質を変えて妊娠するということを考えると最低3ヵ月以上の期間をみていく必要があります。

もちろん、3ヵ月より早く妊娠される方もおりますが、体質改善を目的にしているのであれば最初は3ヵ月~半年を目安に体質に合っているのか?効果は出ているのか?というところに着目して続けてみてはいかがですか?

費用はどのくらいかかるのか?

基本的に鍼灸は保険が使えないところが多く実費での治療となります。

鍼灸院の平均的な価格として5千円~1万円というものになっております。

期間によって必要な費用は異なりますが、平均的なところからご紹介したいと思います。

週に1回の治療を4ヵ月受けたとして、1回あたりの金額を8千円とした場合12万8千円の費用になります。

自然に妊娠する際には費用が掛かりませんが、体外受精や顕微授精は50万円から100万円近くの費用を要する場合があります。

自然妊娠が可能な年齢であれば、妊娠体質に変えることを目的とした鍼灸はステップアップの治療は決して高くはないと考えられます。

いずれにしても、しっかりとした目的を持って治療していく必要があります。

 

不妊治療と鍼灸の研究レポート

ここではいくつかの不妊治療における鍼灸の成果をお伝えします。

男性が原因の不妊症の改善

アメリカ国立生物工学情報センターの学術文献検索サイト(リンク挿入)(NCBI)の2002年の記事に以下のような報告がありました。

特発性造精機能障害で顕微授精を受け、成功しなかった22名の男性を対象の調査です。
鍼灸を週に2回、8週にわたって行い受けました。結果は以下のようになりました。
(鍼灸を受ける前→前 鍼灸を8週間うけた後→後)

精子運動率
前11.0% → 後18.3%
正常な精子の量
前16.2% → 後21.1%
受精率
前40.2% → 後66.2%

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12658811

この調査では週に2回、2か月間の鍼灸によって改善することが報告されています。
多嚢胞性卵巣症候群
不妊症の原因となる多嚢胞性卵巣症候群(以下PCOS)の改善について、以下のような報告もあります。

Guiding Journal of Traditional Chinese Medicine(リンク挿入)に発表された研究です。

PCOSの患者に鍼灸と漢方の治療を行ないました。鍼灸の治療は月経後5日目に行いました。
結果は以下のようになりました。

・基礎体温の正常化
・LH(黄体形成ホルモン)の数値の正常化
・FSH(卵胞刺激ホルモン)の数値の正常化

上記の結果から、鍼灸がPCOSの患者のホルモンレベルを正常化させる働きがあると結論づけています。
引用:Health CMI 2017年3月23日
http://www.healthcmi.com/Acupuncture-Continuing-Education-News/1725-acupuncture-regulates-hormones-boosts-fertility

子宮内膜症についてハーバード大学の発表

こちらは直接的に不妊症についての報告ではありませんgな、子宮内膜症に関してのハーバード大からの報告です。

<対象>
腹腔鏡にて子宮内膜症と診断された13ー22歳の18名

<方法>
ランダムに2つのグループに分けられ、8週間に渡って16回の治療を行いました。
グループ1:日本式鍼灸の治療を受ける
グループ2:偽鍼灸の治療を受ける

<結果>
11ポイントのスケールを使って痛みを調査した結果、治療から4週間後にグループ1の痛みが平均4.8ポイント減少したのに対し、グループ2の痛みの減少は平均1.5ポイントでした。
また、HRQOL(Health-Related Quality of Life=健康に関する生活の質)のすべての項目で、グルプ1の数値がグループ2を上回るという結果になりました。

日本の鍼灸は子宮内膜症の痛みに安全で効果があると結論づけています。

〜〜〜〜〜
引用:アメリカ国立生物工学情報センター オンライン論文アーカイブ(PMC)2009年10月
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2610346/

鍼灸の研究について
これらは世界中で行われている鍼灸についての研究のごく一部でしかありません。日本においても東京大学、筑波大学、千葉大学など、多くの大学で日々、研究され続けています。

 

日本で不妊鍼灸を受けた有名人

不妊鍼灸の効果が世界的にも認められてきていることもあり、芸能人でも妊活に不妊鍼灸を取り入れている方々おりますのでご紹介致します。

日本で不妊鍼灸を受けた有名人

東尾理子さんは2人目のお子さんを授かる際に体質改善を目的に不妊鍼灸を受けられており、最終的には体外受精で妊娠を成功しておりますが、不妊鍼灸でしっかり身体を整えていたことも成功要因の1つと考えられます。

実際のブログがこちらになりますので参考にしてみて下さい。

http://ameblo.jp/riko-higashio/entry-10933249565.html

他にも森三中の大島さんは妊活の本も出されており、そこに不妊鍼灸のことも書かれております。

大島さんの本には鍼灸のことや体質改善の重要性について記載されておりますので1度読まれてみても良いかと思います。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4873039959/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4873039959&linkCode=as2&tag=puremina-22

海外で不妊鍼灸を受けた有名人

海外ではマライア・キャリーさんが不妊治療で鍼灸を受けています。

元々はホルモン治療などを中心におこなっておりましたが、流産を繰り返してしまう体質だったため体質改善を目的に鍼灸治療を取り入れたようです。

42歳という年齢で出産できたのも鍼灸などで赤ちゃんを産む準備がしっかり出来ていたからでしょう。

英語ではありますが、こちらが参考ページとなります。

 

 

不妊治療と東洋医学

 

病院での不妊治療とは?

血液や子宮、卵巣などの検査をして妊娠を妨げている原因がないか調べます。治療が必要な場合はその治療を行いながら、タイミング指導、人工授精、体外受精、胚移植などを行っていきます。

しかし、不妊の原因がはっきりとわからない場合も多くあります。その場合はタイミング指導から始めて、人工授精、体外受精、胚移植へとステップアップする方法がとられています。

 

東洋医学とは?

東洋医学は心とからだを分けずに一体としてみる医学です。イライラしたりくよくよしたり感情がみだれると内臓に異常があらわれ、内臓の疲れや不調などの異常があると感情がみだれると考えます。

内臓は目や耳、鼻などの器官や感情、ホルモン、血液、体液のめぐりなどからだのはたらきすべてと関わり、互いに影響し合ってからだ全体のバランスを保っているのです。

東洋医学では生命をはじめすべてを動かす元の力を「気」と考えます。
気とは捉えにくいですが、ある種の生命エネルギーみたいなものと捉えてもいいかもしれません。

気は血と水(体液)を運んでいます。気・血・水が滞りなく流れているのが健康な状態ということです。

 

東洋医学での不妊の原因とは?

東洋医学では体全体を見て原因を探ります。そのときに大切なのが気・血・水(体液)の流れです。気が流れないと血液やリンパ液の循環が悪くなり、冷え症や子宮、卵巣の血流、自律神経やホルモンのバランスに影響して不妊の原因となると考えます。

 

西洋医学と東洋医学の違い

西洋医学ではホルモン剤や排卵促進剤などの薬を使ったり、不妊の原因となっている部分だけを見て治療しますが、東洋医学では鍼やお灸、漢方を使って全身を整えもともと持っている妊娠する力を引き出し、妊娠しやすい体づくりを目指していきます。

妊娠しやすい体とはエネルギーに満ちて血液・リンパの流れが良く、自律神経やホルモンのバランスが良く温かい体のことです。

 

漢方と不妊鍼灸はどちらが効果的?

妊活で体質改善をしようとした時に漢方にしようか不妊鍼灸にしようか悩んだ経験はありませんか?

どちらも体質改善を目的とした治療方法ではありますが、果たしてどちらの方が効果的でどのように違うのかお話しをしていきたいと思います。

漢方の効果

漢方は主に食事では足りない物を補うものとして効果的です。体質改善では血液の「質」と「血流」を改善させることで変わっていきますが、漢方は「質」を高めていくことで身体の状態を良くしていきます。

疲れやすい人や生理の出血量が極端に少ないなど、虚弱体質の方には特にオススメです。

不妊鍼灸の効果

不妊鍼灸の場合は「血流」を改善させることで体質を改善させていきます。身体の中で滞っているところを通してあげることで身体の状態を良くしていきます。

また、身体の中に直接針を刺していくことで神経を活性化させて自律神経を整えたり、ホルモン調節をするのに効果的です。

ストレスを溜めやすい方や、浮腫みやすい方、生理で血の塊が出やすい方は血が滞りやすいので特にオススメです。

両方で相乗効果に期待

鍼灸で胃腸の状態を良くすることで漢方の吸収率を高めることが出来ます。

元々、虚弱体質の方は食事はもちろんのこと漢方も十分に吸収が出来ないことがあるため、鍼灸を合わせて行うことで胃腸の働きを高めて吸収率を高めることで漢方の効果を引き出し相乗効果を狙えます。

 

 

不妊治療と鍼灸の併用

病院で不妊治療を受けていてもなかなか結果がでないということがよくあります。体が整っていなければ、病院での不妊治療の効果を十分に発揮することもできませんし、そのためにストレスがかかってますます妊娠から遠ざかってしまうことになるかもしれません。

ストレスは妊娠にとって大きなマイナスの要因となりホルモンバランスにも血流にも影響を与えます。鍼灸は血流を良くしたり、自律神経を整えてストレスを和らげて、冷え性や生理不順、ホルモンバランスを整える力があります。

また、移植直後に鍼灸を受けることで着床率が上がるという報告データもあり、着床に向けて鍼灸治療を受ける女性は増えています。病院での不妊治療のサポートとして鍼灸を取り入れることは妊娠への近道となるでしょう。

 

不妊治療に向いた鍼灸院の選び方 

妊活に鍼灸を取り入れてみたいと思っていても実際にどんな鍼灸院を選んだら良いのか分からない?という方も多いのではないでしょうか?

数ある鍼灸院の中からどのように選べば良いのかお伝えしたいと思います。

不妊治療専門の鍼灸院を探しましょう

鍼灸という分野は肩こり・腰痛から始まり美容や重症疾患、体質改善まで幅広く対応できるのが特徴です。

どこの鍼灸院を選んでも不妊症に対する治療は行ってくれると思いますが、不妊治療を専門としている鍼灸院の方が不妊症をはじめ婦人科疾患に対しての技術や知識に精通している可能性が高いからです。

特に不妊治療は病院と併用されて鍼灸院に通う方も多いので、病院で出されている薬や治療法・基礎体温の見方や生理の状態などの知識があるかどうかも重要になってきます。

まずは、お近くの不妊治療専門の鍼灸院を探してみることをオススメします。

鍼灸以外で力になってしてくれるところを探しましょう

不妊治療というのは鍼灸師に全部お任せ!というよりかは一緒に治していくというスタンスの方が成功する可能性が高くなります。

一緒に治していくというのは鍼灸治療の他に食事や睡眠・運動など日常生活の見直しやセルフケアのアドバイスを個々の体質やライフスタイルに合わせてしてくれるところになります。

また、妊活で一番の天敵は「ストレス」になってきます。特に婦人科疾患を患っていたり、基礎体温が上がらなかったり、夫婦間の意識の差など色々な悩みや不安を抱えることになります。

そのため、それらの悩みや不安に対してしっかり寄り添ってくれたり受け止めてくれるところを探していきましょう。

セルフケアのアドバイス・問診でしっかり悩みや話を聞いてくれる・無料メール相談など総合的に力になってくれるところが良いですね。

口コミや評判の良いところを探しましょう

実際に通っていたお客様の感想や口コミを確認していきましょう。ホームページや口コミサイトに書かれている感想を読むことで

治療院や先生の雰囲気、治療の進め方も分かりますし、妊活の先輩方がどのような不安や悩みを抱えていたのかも分かります。

また、先生との相性や治療内容も良くないとなかなか口コミや感想を書こうと思いませんよね?

なので、口コミや感想を書いてある鍼灸院は信頼できる可能性が高いです。

治療も人対人の関わりなのでそれぞれ相性もあるからこそ、口コミや評判をみて自分に合っていそうな鍼灸院を探してみましょう。

 

鍼灸をうける時の注意点

 

 

通常の鍼灸治療を受ける際の注意点とそこまでの差はありませんが
何点か不妊鍼灸の効果を高める重要なポイントです。

 

・施術を受けたあと、お酒、運動を控える

→鍼灸を受けた時点で全身の血流が活発になります。その後お酒を摂取すると
更に血流が活発になりますので今まで痛みを感じていなかった箇所などに、
痛みを感じたりすることがまれにあります。運動も同様の理由で控えて下さい。

 

・施術を受けた日は早く就寝する

→夜更かしをするとせっかくうけた鍼灸の効果が半減してしまいます。
普段から身体が回復するゴールデンタイム(一般的に22時から2時までの間)
には就寝するように心がけましょう。

 

・リラックスして施術を受ける

→妊娠するために活発になるホルモンは大きく自律神経が関係しています。
それらは自律神経の中の副交感神経が支配しています。緊張すると反対の交感神経
(獲物を捉える為、活動的になるための神経)が活発になってしまい、鍼灸の効果が
出づらくなります。

 

・指示された間隔で通院する。

不妊鍼灸は体質改善の為にうけるものです。月経周期などを考え通院間隔を提案していますので
、時間が空いたので鍼灸をうけるというより生活リズムの中に「鍼灸を受けるという行為」
を上手くとりいれる事が大切になってきます。

 

 

・今日、明日での結果を求めない

鍼灸は体質改善を目的として受けるものです。永年かけて築き上げてきた身体を1回、2回で
改善する事はありません。身体の細胞は新陳代謝により生まれ変わるのは90日かかります。
まずは最低でも90日間を鍼灸で自分の身体に向き合うことを心がけてください。

自分で鍼灸を行う方法

お金や時間がなくて頻繁に治療院に通えないという方におすすめなのが自宅で出来る鍼灸治療です。

そこで今回は不妊に効果的な鍼灸を自分で行う方法をご紹介します。

1 お灸(だるま灸、せんねん灸)

(写真)(写真)

今ではドラッグストアに売っているお灸。

お灸は血管を広げることで体を温める効果やリラックス効果が期待できます。

不妊に効果的なツボがありますので、お灸を使って妊娠体質にすることは可能です。

お灸は行う間隔をあけてしまうと効果が得られにくくなってしまうのでできるだけ頻繁に行うことが大切です。

毎日行うことが一番いいことですが、できれば週に2~3日は行うと良いでしょう。

2 パイオネックス

(写真)

こちらはシールタイプの針になります。

シールをツボに貼るだけなのでとても簡単に針の効果を得ることができます。

誰か相手に行うことは医療行為として禁止されていますが、自分に行うことは許されています。

シールは強くこすらなければ剥れないものになりますので2~3日はもちます。

まれに皮膚がかぶれてしまう方がいるので、その場合はすぐに中止してください。

こちらも不妊に関係するツボに貼ることで効果が得られます。

3 棒灸

(写真)

棒灸はお灸の成分である艾(もぐさ)を棒状にしたものになります。

棒灸のいい点として温度を自分で調節できるところがあります。

皮膚に近づけるだけでお灸の効果を得ることができるので火傷の心配もありません。

さらに、一気に広い範囲を温めることができるのも棒灸のいい点です。

不妊に関係するツボのラインがありますので、そこを中心に温めるといいと思います。

鍼灸をセルフケアとして行うことはとても効果的です。

東洋医学的な知識がなくても、とりあえず不妊に効果があるツボさえ知っていれば行うことは可能です。

そして大切なことは継続的に続けることです。

短期間でやめることや期間を空けすぎると効果が得られにくくなります。

長期的・継続的に行うことが大切です

 

※セルフケアで上記の施術はとても効果的ですが、ツボも1センチずれるだけで効果が変わってきたり逆効果になるケースもあります。

そのため、できるだけ鍼灸師の方にあなたにあったツボと位置を教えてもらってから実践することをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。