基礎体温を毎日つける5つのコツ

基礎体温を毎日つける5つのコツ

 

妊娠体質になりたい…。
妊活をする方なら誰しも思いますよね。

そしてそのために重要なことのひとつに
基礎体温があります。

 

もちろん、お医者様のなかには
ストレスになるなら基礎体温は不要

そうおっしゃる方もいます。

 

それも一理あると思います。
反対に、基礎体温を推奨する先生もいます。

 

どちらが正しい、ということではないですが
基礎体温をはかることで
自分が妊娠しやすい体質かどうか?

そのおおよその見当がつくので
当院では推奨しております。

 

基礎体温は1周期だけはかっても
状態を把握するのは難しいので
3周期は計る方がいいと言われます。

・そうはいっても毎日は忘れてしまう…
・ストレスになるから計りたくない…
・基礎体温の見方がわからない

 

そういう方のために
今回は計るためのコツをまとめました。

 

 

基礎体温の注意点

そのために2つの注意点をお話しします。

 

必ず実測計を使う

婦人体温計には2種類あって

・予測計と言われる短時間で計れるもの

・実測計と言われる時間がかかるけど正確なもの

この2つがあります。

 

予測計は不正確なことも多いので

原則として実測計を使いましょう。

 

 

一喜一憂しない

 

基礎体温を見て
・今月もダメだった・・・
・基礎体温がバラバラだ・・・
などと、へこんでしまう方が多いです。

 

しかし基礎体温は1日2日では
外気温や睡眠や起床の影響を受けるため
すぐに乱れてしまいます。

そのためぜんぜん気にする必要はないんです。
ただ計っておけばいい
くらいに気楽にやってくださいね。

1日2日の数値を見るのではなく
長い目で1か月単位の基礎体温を
比較していくことが重要です。

 

特に体質改善を目指して計測する場合
1か月ごとに記録があることで
それが整い体質が変わっていくことを
自分の目で確認できます。

くれぐれも一喜一憂しないでくださいね。

 

基礎体温を続ける5つのコツ

それではコツをお話しします。

1、枕元においておく

これは基本的なことですが
体温計は枕元に置きましょう

 

2、夜が覚めたときに計る

トイレなどで夜に目が覚めてしまった場合には
その時点で計っておいて
朝にもう一度はかるようにするといいですね。

そのうえで、平均値に近い方を
その日の基礎体温としてみてください。

 

3、忘れたら明日からまた計ればいいルール

忘れちゃった・・・

1日2日でへこむ必要ありません。

むしろ1週間くらいなら
ぜんぜんへこむ必要ありません。
自分を責める必要もないです。

まいっか、また明日から計ろ♪

で、OKです。

 

4、スマホのアラームに設定

スマホのアラームのメッセージに
「基礎体温」と設定してはいかがでしょうか。

目が覚めたときにそれが目に入り
自然に体温計に手が伸びたらいいですね。

 

5、ご主人を巻き込む

基礎体温も妊活なので
自分一人で抱え込まないでください。

ちゃーんと、
ご主人にも責任もってもらいましょう(笑)

忘れっぽい人はご主人に
「今日は計ったの?」
と聞いてもらってもいいですよね。

 

大切なことは続けること

基礎体温は、続けることが重要で
毎日しっかりとつけれていなくても
ぜんぜんOKなんです。

もちろん1周期で計った日数が
半分以下・・・
これではあまり意味がないですが

5日くらいまででしたら
忘れても全然大丈夫です。

それなので続かなくても
自分をせめないでくださいね。

 

また何度でもやり直せばいいんです。

面倒なことだとは思うので
気軽にやっていきましょう。

 

ただし
体質を変えたい
そんな風に思うのであれば

基礎体温は指標になります。

指標があった方が
モチベーションにもなります。
ぜひやってみてくださいね。

 

コメントは受け付けていません。