高齢で妊娠する為にチェックすべき事

こんにちは。

はりきゅう治療院 暢寿堂の松見です。

 

 

当院でも40歳以上で妊娠を希望しながら妊娠ができない

という高齢不妊の患者さんが来院することがあります。

晩婚化、女性のライフサイクルの変化、その他の社会情勢

から増加傾向にあることは間違いありません。

 

では高齢不妊に対する治療は現在、どのようなものが行われているのでしょうか。

 

治療の前に妊娠できない原因を検索しておかなければいけません。

原因により治療方法も異なってくるからです。特に結婚が遅く、

妊娠を考えた年齢が高い人ほど、このことは当てはまります。

 

不妊の原因となるもの

 

・排卵因子

原因としてまず排卵周期の異常があり、排卵のリズムが

不規則であったり、排卵周期が長くなったりすることがあります。

これは加齢によるもののほかに仕事が忙しい、ストレスが強いなどの

理由でホルモンバランスの乱れが原因となっている場合があります。

このような時には生活習慣の是正やストレスの除去などで改善する

こともありますし、それでも安定しない場合には排卵を誘発するような

内服薬などが適応になってきます。

 

・子宮因子

過去に性感染症などにかかったことがある、あるいは

子宮内膜症や子宮筋腫など子宮内に問題があると女性に

よっては妊娠の可能性が極端に低くなる可能性があります。

まずは子宮の環境を整える必要があるので場合によっては

手術で子宮筋腫を切除するなどが必要となるときもあります。

 

 

・卵管因子

過去の感染症などが原因で炎症を起こし、それが治っていく

過程で癒着してしまい卵管が閉塞してしまっている場合などは子宮

の環境を整えても卵子が子宮に到達することができないためいくら

受精しても子宮内で育つことができません。

 

・不育症

 

このような状態のときはもし受精しても子宮外妊娠となり時には母体

の命に関わることもある為、人工授精や体外受精などの高度生殖補助医療

を行う必要が出てきます。さらに年齢を重ねると赤ちゃんが

育つはずの子宮の状態も悪くなり、たとえ妊娠できても赤ちゃん

が育たない事もあります。

 

正確には妊娠はできるけれども育たない不育症にあたりますが、

広義には不妊症に該当すると考えることもできます。

血液検査では異常もないが妊娠しても子宮内胎児死亡が

続いてしまうような時などは、少量のアスピリンを妊娠

がわかった時点から内服して血液が固まりにくいような

治療を行うことで妊娠が維持し出産できることも少なくありません。

 

いかがでしたでしょうか?

 

先にあげた原因は高齢妊娠が希望のかただけで

はなく妊娠を望む全ての女性がチェックすべき

ものです。

茨城県守谷市不妊専門鍼灸院暢寿堂 松見暢朗

コメントは受け付けていません。