生理不順で不妊症になる理由とは?

liana-ratiopharm – pille vom online-arzt anfordern| ohnerezeptfreikauf 生理不順 不妊症

妊娠を考えた時に生理不順があり
上手くタイミングをとれないという方も
少なくないと思います。

タイミングがとれないことで
薬や注射に頼ってしまうことは
あまり良くありません。

そこでなぜ生理不順が起こることで
不妊症になりやすくなるのか
という観点から今回はお話ししたいと思います。

生理不順はどうして起こるの?

生理は26日から38日以内に起こることで
期間が3~7日間続くことが正常となっております。

この期間が長かったり短かったりすることで
生理不順となってしまいます。

そこで生理不順になる原因をお話しします。

ダイエット

激しい体重の減少は女性ホルモンに分泌を乱し
生理不順や無月経の原因になります。

食事を摂らないことや激しい運動は
女性の体にとって負担ばかり掛けてしまいます。

痩せるなら徐々に痩せることをオススメします。
ただ、女性はある程度の脂肪が必要ということを忘れずに。

ストレス

ストレスもまたホルモンのバランスを乱す要因になります。

女性の体はストレスや疲れに弱い生き物です。
高いストレス値が続くことで、
血液は生命維持に必要なところのみに送られてしまいます。

子宮や卵巣は後回しなのです。

ストレスは溜め込まないことが必要です。

不規則な生活習慣

女性の体にとって睡眠は大切なことです。

夜更かしを常にしている人は
血液もホルモンの足りていません。

夜寝ないことで脳の視床下部という場所に
異常が出てしまい生理不順は起こります。

決まった時間に決まった量の睡眠を
心掛けるといいでしょう。
できればたっぷりと。

子宮の病気

子宮内の病気があることで生理は遅れたり
止まったりしてしまいます。

卵巣嚢腫、チョコレート嚢胞、子宮内膜症などは
これらの原因の1つです。

異変を感じたらすぐに病院で
検査することをオススメします。

生理不順が不妊を引き起こする理由

タイミングがとれない

排卵日や排卵日前日に性行為をすることで
妊娠を計るのをタイミング法と呼びます。

生理不順が起こることで
排卵日の測定が難しくなり
赤ちゃんが出来にくい人がたくさんいます。

生理不順や無月経は不妊の原因の1つです。

排卵が起きにくい

生理不順があると排卵が起こりにくくなってしまいます。

その状態が続いたものを無排卵とよびます。
排卵が起こらないと
卵子の活動が無くなってしまうので
妊娠することが出来ません。

薬を使って排卵を起こしている方もいますが
自分の力で起こせなくなってしまい
薬漬けになる危険性があります。

生活習慣を見直すことで
排卵は起きやすくなりますので
意識を変えても良いかもしれません。

 
不妊で悩む方の多くが
この生理不順になっています。

食事や運動不足の影響で
現代の日本人はこういった症状が
起きやすくなっているんですね。

お悩みの方はもう一度
生活習慣を見直してみてはいかがですか?

コメントは受け付けていません。