正しいタイミングを確認する方法

こんにちは。

はりきゅう治療院 暢寿堂の松見です。

 

突然ですが質問です。

 

あなたは1か月の間に妊娠が可能な日がどのくらい

あるかご存知ですか?

 

今の時代、不妊・妊娠の情報が氾濫していますが、

その中には正しいもの誤ったもの玉石混交しており

その中から正しい知識をもつことが

妊娠への近道であることは間違いありません。

 

6日間ある妊娠可能日

 

1カ月のうち、妊娠できる日は6日間もあります。

射精された精子は女性の体内では長くて5日、平均すると3日ぐらいは生

きています。ただし、射精された精子全部というわけではなく、99%は膣内

で死んでしまいます。

 

精子が長く生きられるのは子宮頸管の中。

排卵前に大量に分泌される頸管

粘液の中は、精子にとってとてもよい環境です。

射精された精子は一度この

頸管粘液の中に蓄えられ、

そこから持続的に卵管に向かって送り出されると

いわれています。

 

 

排卵日当日より5日前から

 

このため、セックスのタイミング

は排卵日ちょうどである必要はなく、排

卵の4,5日前から有効といえます。

排卵の3日前からは、毎日セックスし

たほうが妊娠の可能性は高まります。

 

一般的に健康な成人男性が一回の

射精で放出する精子の数は、2〜3億、

その大半は膣内の酸によって死滅してしまいます。

卵管膨大部に無事到達できるのは、わずか200ほど。

そこでさらに競争が行われ、卵子を包む透明帯

という殻を破って卵子と対面できるのは、ひとつだけです。

 

月経周期は人によってさまざまですが、

排卵してから次の月経が始まるま

では、ほぼ14日と決まっています。

そこで、まず2,3カ月の月経周期

を調べてみます。

 

 

妊娠ががもっともしやすい日を特定する方法

 

月によって月経周期はことなる事がありますが、

月経周期で28日、30日、32日周期があったとします。

その中でまず一番短い周期と長い周期をピックアップします。

一番短い28日周期の場合、マイナス14日をすることで

排卵日は14日目であったことがわかります。次に一番長い32日周

期を確認すると、マイナス14日で排卵日は18日目という目安が立ちます。

 

排卵の3日前から妊娠の確率が高まりますので、

次回の月経周期では11日〜18日の間に1日おきに

タイミングをとってみましょう。

そうすれば、その間にいつ排卵が起こったとしても

、精子が卵子を待っているという状況を作れる

わけです。

 

いかがだったでしょうか?

最も簡単で手軽に妊娠しやすい日を確認する方法を

お話させていただきました。

 

ただし、この理論はすべての機能が

正常に働いた場合に限ります。

いい卵子が排卵されなかった、

精子に元気がなく受精しなかった、

受精はしたが子宮内膜の状態が悪く

着床できなかった、などのさまざまな

ハードルが横たわっているからです。

ひとつの卵子とひとつの精子が出会い、妊娠にい

たるのは、何億分の1の確率の奇跡なのです。

 

しかし、この奇跡を手繰り寄せるのは正しい知識と

ご夫婦の正しいタイミングしかないのです。

 

コメントは受け付けていません。