不妊症の原因に生理痛が関係あるって本当?

不妊症 生理痛

生理痛で毎月悩んでいる女性は少なくないと思います。
生理は女性が妊娠する過程でとても重要な要素です。

巷では生理痛がひどいと不妊症になりやすいと
耳にしたことがある方もいるかもしれません。

そこで今回は、生理痛と不妊症についての関係と
生理痛を少しでも改善させる方法をご紹介していきます。

そもそも生理って?痛みが出るのはなぜ?

ではまずは生理について簡単にご説明していきます。

女性の体は妊娠の準備を毎月行っています。
その準備として排卵をし、子宮内膜が厚くなっていきます。
このサイクルの中で卵子と精子が出会うことで妊娠となります。

妊娠が成立しなかった場合は受精卵が子宮内膜に着床せず
この内膜が不要と認識されることで血液と一緒に剥がれ落ち
生理が起こるというメカニズムになります。

では、この生理の痛みが重い原因をご説明していきます。

生理痛の原因は人によって様々です。
生活習慣の乱れ、体の冷え、子宮の機能低下、
ホルモンの乱れ、ストレスなどが挙げられます。

ここではホルモンの乱れについて詳しく説明していきます。
生理痛が重い原因の1つに
プロスタグランジンというホルモンが挙げられます。

プロスタグランジンは子宮を収縮させることで
内膜を外に排出させる働きを持っています。

体の冷えなどにより
子宮の収縮が上手くいかない場合は
このホルモンは過剰にされます。

プロスタグランジンは痛みを感じさせるホルモンであるため
多く出ることで生理痛もひどくなってしまうということです。

生理痛とホルモンのバランスは大きいと思います。

不妊症と生理痛の関係は?

生理痛と不妊症の直接的な関係はなく、
痛みが強いからと言って子供が
出来にくいわけではございません。

ただし、生理痛がひどいことで
不妊症に繋がりやすい病気の可能性がございます。

子宮内膜症やチョコレート嚢腫などの
病気の兆候かもしれません。

症状が重いことでお悩みの方は
婦人科を受診することをオススメします。

また、生理痛がひどい場合は
ホルモンバランスの乱れが考えられます。

こういったことで妊娠しづらい
体になっていることは考えられます。

生理痛を早く改善させる方法は?

冷えを解消させる

血行不良で生理痛がひどくなることはありますので
体やお腹を温めることが大切です。

冷たいものや体を冷やすものの摂り過ぎや

シャワーのみで済ませるのではなく
湯船に浸かるなどの注意が必要です。

 ストレスを溜め込まない

ストレスは血流を悪くし体の冷えを招きます。

冷えが生理痛をひどくする要因になりますので、
ストレスや疲れを溜め込まないことは大切です。

さらにストレスはホルモンのバランスも乱します。
自分でストレスを解消できる方法を知っていると良いですね。

簡単な運動を取り入れる

自分に合った負荷で運動をすることで
血流が良くなり生理痛も改善しやすくなります。

午前中に運動を取り入れることで
自律神経のバランスが良くなり
体調も優れるようになります。

簡単な運動でもいいので
何か取り入れてみてはいかがですか?

 

いかがでしたか?

生理痛は直接的に不妊とは関係がありませんが
その要素はあるかもしれません。

生理痛を薬でごまかさずに
自分の力で治すことが
とてもいいことだと思います。

生理痛がない生活を送ることで
妊娠に近づけるかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。