妊活時のストレスコントロール

妊活時になかなか結果ができないと、だんだん

とストレスが溜まっていってしまうと思います。

 

強いストレスを受けると排卵を促すホルモンの

分泌指令がうまくいかず、排卵が起こらなくなる

ことがあります。

 

それだけストレスは身体に大きな変化をあたえ、

妊活を続けていくうえで上手く対処していかないと、

子供を授かる為の妊活が逆に妊娠を遠ざけるという

悲しいものになってしまいます。

 

こんな不幸なことにならないように、うまくストレス

と付き合えるようなストレスマネージメントを

していかないといけません。

 

 

 パートナーへのストレス

 

 

不妊治療をするにあたって、一番の協力者であ

り理解者であってほしいパートナーに不満がある

としたら…。

 

「治療で大変なのは自分ばかり。」自分

だけがつらい思いをし、一人で戦っているような

気分に陥っている人がたくさんいます。

 

これは、男性と女性の体のしくみが違うよう

に、本能や思考回路が別物であるがゆえのす

れ違いなのかもしれません。

 

女性はやはり出産のタイムリミットを本能的に

感じ、一回の月経周期をとても大事に思うのに対

して、男性は「いつかできるだろう」と漠然ととらえおり

焦りを感じずに構えていられるものです。

 

また、女性が不妊治療で費やす時間や憂鬱

な気分などは男性には理解しづらいもの

でしょう。ですから「全部わかってもらいたい!」

と考えないほうがいいのかもしれません。

 

もちろん、そばに寄り添い、奥さんの気持ちを

察してくれる男性もいるでしょうが、じつはほと

んどの男性が何気ない態度でこの不妊治療を乗り

越えていこう、と考えているのです。

 

ふたりの気持ちを伝え合おう

 

 

パートナーのご主人は、生理がきて落ち込んでいる

あなたに.プレッシャーを与えないようわざと話題

にしないようにしているのかもしれませんし、一緒に

なって一喜一憂してはいけない、と考えているの

かもしれません。

 

あまりに孤独感があるならば、つらい気持ちを

話し、ストレスを共有してもらいたい旨を正直に

伝えてみましょう。温かい言葉をひとつかけても

らうだけで、心のよりどころができ、またがんばっ

てみよう、という気持ちになれるものです。

 

男性も無関心を装うのではなく、パートナーに

向き合い、心のケアをしっかりし、思いやりの言葉を

かけることで、不妊治療を乗り越えるカギとなります。

 

ストレス解消法

 

長い間不妊治療をしていると、さまざまなスト

レスにぶつかります。そんなときは、自分なりの

ストレス解消方法をつくってみましょう。

 

 

・通院の日はごほうびのケーキを買う。

・不安や嫉妬などマイナスな感情に陥ったら、明るい色の洋服を買ってみる

・気分転換にご主人と旅行に行ってみる

 

など

 

妊婦さんに対して複雑な気持ちになることもあ

るでしょう。その気持ちを積み重ねて「見たくな

い」とふさぎ込むのではなく、「1年後の自分の姿」と

前向きな発想に転換し、心を軽くするひと工夫

をしてみましょう。

茨城県守谷市不妊専門鍼灸院暢寿堂 松見暢朗

 

コメントは受け付けていません。