妊娠しやすいフカフカお腹を作る3つの方法

 

妊娠 お腹

妊娠をする上でお腹の状態はとても重要です。

お腹は子宮の状態を表すもので
冷えや硬さがあることで
妊娠が遠ざかってしまいます。

お腹の状態はフカフカと柔らかく
ポカポカと温かい状態が
妊娠しやすいものです。

ではこの状態をどのようにすれば作れるのか?
お腹が冷えて硬い状態はなぜダメなのか?
この辺りをご説明していきたいと思います。

簡単に出来るセルフケアを公開しますので
ぜひお試しください。

妊娠しにくいお腹はなぜダメ?

なぜ冷えて硬いお腹は妊娠しづらいのか?
3つに分けてご説明したいと思います。

1、子宮に血液が送られにくい

皮膚や内臓の状態は血液によって左右されます。

妊娠に大切な子宮の状態も
血液(血流と血質)によって
決まってしまうことが多くあります。

血液の中には酸素や栄養が
たくさん含まれていますので
子宮の活動や卵子の質を高めるためにも
お腹に血液を送ることは大切です。

冷えた硬いお腹は血液の量と質が
悪い状態を表します。

お腹に良い血液をたくさん送ることで
柔らかく温かい状態を作れます。

2、排卵障害や生理不順の原因に

冷えによって血液が十分にお腹に送られなくなることで
排卵障害や生理不順の原因になります。
これは血液が少なくなくなると
生理や排卵に必要なホルモンが
分泌されにくくなることが原因です。

さらにホルモンの感受性(受け取る力)も悪くなるので
生理周期や排卵は乱れやすくなります。

これらに悩んでいる方は
お腹を温めると改善しやすくなりますよ。

3、排泄が上手くできない

腸が冷えることで機能も低下し
排泄が上手くできなくなります。

人間の体にとって排泄は
とても重要になります。

体の中の毒素を排泄すことで
良い状態を作ることが出来ます。

便秘などで悩んでいる方は
お腹が冷えていることが多いです。

妊娠しやすくするためにも
腸の中をきれいにすることは大切です。

お腹をフカフカにする3つの方法

1、直接お腹を温める

お腹が冷えている状態で
直接お腹を温めることは有効です。

例えば腹巻や貼るホッカイロなどを使用することは
とてもいいことです。

下腹部が冷える場合が多かったりするので
これらを直接使用するといいでしょう。

2、食事を改善する

血液の中の質を良い状態にするには
食事を改善させる必要があります。

ファーストフードやコンビニ食などを摂ることで
悪い油や添加物、保存料を摂取することになります。

それでは血液の質は良くなりません。
無添加なもの、自然に近い物を摂ることで
良いお腹は作れるのです。

良い食事についてはこちらの記事を参考にしてください。

できる限り早く妊娠したいあなたが取り組むべき3つのこと-1、食事の基礎

3、簡単な運動を行う

血流を改善させる方法の1つに運動があります。

運動を行うことで発汗作用が起こり
血管が広がることで体は温まります。

運動不足の方は血管が狭い状態が続くので
体やお腹は冷え切ってしまいます。

運動は定期的に継続する必要があるので
出来れば毎日できることをやってみて下さい。

まとめ

このようにお腹の状態は妊娠にとって
とても重要な要素になります。

寒い時期はもちろんですが
夏などの暑い時期も冷えている方がいるので
気にしてみるといいですよ。

簡単なことを毎日続けることで
フカフカな温かいお腹は簡単に作れます。
ぜひ試してみて下さいね。

 

コメントは受け付けていません。