鍼灸で妊活中、運動は午前がベストな3つの理由

鍼灸で妊活中、運動は午前がベストな3つの理由

妊活中に運動するのが重要なことは

あなたもきっとご存知ですよね。

 

これは鍼灸を受けていても受けていなくても

妊娠体質を作るためにはとても重要です。
今回は運動をいつやるべきか?

という内容でお話しいたします。

 

なぜ午前中にやると効果が出るのか?

 

運動のメリットは

・血行をよくして温かい体になること

・自律神経を整えてホルモン分泌を促すこと

・睡眠の質を上げること

などがあげられます。

 

ただ、妊活の運動の場合、これらのメリットが

運動の時間帯によっては得られない場合があるので

注意してほしいと思います。

 

特に夜の運動は

自律神経のバランスを崩す場合があるので

運動をする時間帯には気を付けてほしいところです。

 

妊活の運動を午前中にやる3つのメリット

そして、午前中にやることは

以下の3つの点で大きなメリットがあります。

 

1、幸せな気分になれる

午前中のうちに体を温めることで

セロトニンの分泌が促進されます。
それによって妊活中の憂鬱や気分を

リフレッシュさせることができます。

 

2、1日の体温を高く維持しやすくなる

人の体温は朝起きるときに一番低くなります。

その後、体を動かすことで体温が上がっていきます。

 

午前中に運動をして体温を上げることで

身体が温まるのが早くなり

かつ温かい時間が必然的に長くなります。

 

3、睡眠の質があがる

午前中に運動をすることで

身体を活発にするための

交感神経のピークを午前中につくることで

午後は緩やかに交感神経が落ち着いていきます。

 

また、ピークをさかえに

今度は体を回復させる

副交感神経が働き始め

疲労やストレスから体を回復させるために

睡眠を促してくれます。

 

妊活にはこれらのようなメリットが欠かせませんが

午後や遅い時間の運動では得ることができません。

 

そしてこれらのメリットを得るためには

こんな運動なら

1日3分程度でも十分です。

 

毎朝の3分で妊娠体質を作る!!

・その場ジョギング

・縄跳び

・お尻歩き

 

ポイントは骨盤の中に刺激が入りつつ

短時間である程度の運動量がある運動です。

 

たった3分?と思うかもしれませんが

結構3分ってしっかりとした運動量になります。

そして体にとって必要なのは

運動の量ではなく質です。

 

その質を高めるためには

午前中が効果的なんです。

 

鍼灸と併用して

運動をしている方も多いと思います。

 

妊娠するためには

体質を改善する=運動、食事、睡眠の改善が

とても重要ですよね。

 

そして大切なことは毎日続けること。

 

毎日の30分の運動時間は取れないと思いますが

3分なら・・・忙しい朝でもできるのではないでしょうか。

 

是非トライしてみてくださいね。

 

コメントは受け付けていません。