不妊で悩むあなたへ 加齢による妊娠率の低下とは?

不妊 妊娠率

近年では晩婚化が進み、高齢出産をする方が増えています。
昔では20代に結婚し子供を産むことが当たり前でしたが、今では30歳以降の結婚・出産が増えています。

それによって子宝に恵まれず悩んでいる方も多くなっていますね。
年齢とともに低下すると言われる妊娠率。
1人で悩んでいても良いことはないので、その対策や高齢になっての妊活方法などをご紹介したいと思います。

年齢が高くなると不妊になるのは本当?

女性は年齢が高くなるにつれて妊娠率が低下してしまうというデータがあります。
その原因は卵子の数にあります。

男性の生殖器は毎日新しい精子を作っていますが、女性は生まれた時からその数は決まっています。
月経が始まるころには約20万個の卵子の数が毎月約2000個ずつ減っていきます。

閉経後する頃にはその数が0になるので妊娠は難しくなってしまいます。
ただし、卵子の数が少なくなったからと言って妊娠出来ないことにはなりません。
卵がある限り、妊娠する可能性はありますのでご安心ください。
妊娠率の低下には数だけでなく卵子の質も関係しています。

年齢が高くなるにつれて質の良い卵子が排卵されにくくなってしまいます。
特に35歳以降は質の低下に拍車がかかりますので妊娠しづらい状況が生まれます。

明らかな病気や不妊に関する症状がなくても、卵子の状態で妊娠しづらいという方が近年増えています。
卵子の質の低下を防ぐことはとても大切です。

不妊症に繋がる卵子の質低下を防ぐには?

卵子の質が低下することで不妊に繋がりやすくなります。
年齢の影響はどうしても受けやすくなってしまいますが、セルフケアなどでこれを防ぐことは可能です。

子宮も体の一部ですので、体質や生活習慣の影響を受けます。
特に女性の体はこれらを受けやすく出来ていますので、体調を整えることはとても重要です。

これから卵子の質を向上させるための方法をご紹介します。

・体を温める

女性の体は冷えることで基礎代謝や免疫力が低下します。
血行を良くすることで体の中にある悪い物質やいらない物を排除することが出来ます。

冷えはホルモンバランスにも影響しますので、体を温めることはとても大切です。

・良い睡眠をとる

子宮の状態はホルモンの影響を大変受けやすくなっています。
人間の体のホルモンは睡眠に大きく関係しているので、これを改善するだけでも体調は良くなります。

ホルモンが多く出るのは22時~3時くらいと言われていますので、この時間内には確実に寝ていることが大切です。
良い睡眠には体の疲れをとる働きもあるので、女性は特に睡眠に気を付けるべきだと思います。

・体の酸化を防ぐ

人間の体も子宮も酸化することで卵子の質は低下します。
タバコやアルコールの摂取は酸化を加速させる要素になりますので気を付ける必要があります。

ここで大きく関与するのが食事です。
口にするものによって人の体は構成されますので、参加を防ぐ食べ物を摂るようにしましょう。

・運動する

軽めの運動は卵子の質を低下することを予防してくれます。
特に有酸素運動は酸素を体の中にたくさん入れることが出来ますのでオススメです。

ヨガなども代謝を上げることや体を温めるという意味でとても効果的です。

最後に

いかがだったでしょうか?
加齢とともに妊娠率は低下しやすくなってしまいますが、自分でそれを防ぐことも可能です。

難しいことを取り入れる前に自分で出来ることをやってみると良いと思います。

最後に、卵子の数は少なくなっても妊娠出来ないわけではありません。
病院の検査などで落ち込んだり考えてしまうことはあると思いますが、質を高める行動をとってみてはいかがですか?

コメントは受け付けていません。