黄体形成ホルモン(LH) どんな働き?基準値は?不妊との関係は?

今回は黄体形成ホルモン(LH)の働きや基準値、不妊との関係についてお話します。

黄体形成ホルモン(LH)は卵胞刺激ホルモン(FSH)と同様に妊娠に関わる大切なホルモンですから、しっかりと理解していきましょう。

卵胞刺激ホルモン(FSH)についてはこちらをご覧ください。

卵胞刺激ホルモン(FSH) どんな働き?基準値は?不妊との関係は?

 

黄体形成ホルモン(LH)は性腺刺激ホルモン

黄体形成ホルモン(LH)は卵胞刺激ホルモン(FSH)と同じく脳の下垂体というところから分泌される性腺刺激ホルモンです。

性腺刺激ホルモンというのは、卵巣に働きかけて卵巣ホルモンの合成と分泌を促すホルモンです。

黄体形成ホルモン(LH)は下垂体から分泌された後、血液に乗って卵巣まで運ばれていきます。

 

黄体形成ホルモン(LH)は脳の視床下部の命令で分泌されます。

卵胞刺激ホルモンと同じで、自由に好きなだけ分泌しているわけではなく、視床下部から分泌される性腺刺激ホルモン放出ホルモン(ゴナドトロピン放出ホルモン)によって”分泌しなさい“と指令がでて分泌されるのです。

 

黄体形成ホルモン(LH)の働きとは?

下垂体から分泌されて血液に乗って卵巣に届いたLHは、卵胞の周囲の膜の内側にある莢膜(きょうまく)細胞というところに刺激をあたえて、血液中からコレステロールを取り入れてアンドロゲンを合成するよう促します。

また、少量ですが、エストロゲンの分泌も促します。

 

男性ホルモンがエストロゲンの素!

卵胞刺激ホルモン(FSH)のお話の中でも少し触れましたが、アンドロゲンとは男性ホルモンのことです。

アンドロゲンはアロマターゼという酵素の働きによってエストロゲンに変換されます。

ちょっと驚きがありますが、エストロゲンの原料は男性ホルモンなのです。

そしてこの男性ホルモンが卵巣で作られるためにはLHの分泌が欠かせないということです。

 

LHは排卵の原動力

LHは卵胞期には分泌量は少量ですが、卵胞が十分に成熟すると下垂体からLHが急激に分泌されます。

この大量のLHの刺激によって排卵が起こります。これがLHサージと呼ばれるものです。

 

排卵後のLHの働き

排卵したあとは顆粒膜細胞と莢膜細胞は黄体という細胞に変化します。

LHはこの黄体細胞を刺激して、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促します。

 

 

卵巣ホルモンの合成と分泌の仕組みはとても複雑ですが、少しはお分かりいただけたでしょうか?

 

 

黄体形成ホルモン(LH)の基準値(基礎値)とは?

 

月経周期

卵胞期(基礎値)2.4~12.6(mIU/ml)

 

排卵期14.0~95.6(mIU/ml)

 

黄体期1.0~11.4(mIU/ml)

 

LHが高い その理由は?

LHの値が高いということは卵巣でアンドロゲンが合成されていないということが考えられます。

卵巣でアンドロゲンの合成が思わしくないとき、下垂体は“アンドロゲンをつくって”とさらに多くのLHを分泌するのです。

 

LHが低い その理由は?

LHの値が低いということは、FSHと同様に下垂体やその下垂体に指令を送っている視床下部に問題があって分泌がきちんとできていない場合です。

 

LHと不妊の関係は?

LHの分泌が少ないと、LHサージが起こりにくいため、排卵障害の原因となることがあります。

また、エストロゲンの原料であるアンドロゲンの合成も進みませんので、エストロゲンの量にも影響を及ぼし、卵胞が育たないといったことが起こりやすくなり、不妊の原因となることがあります。

 

LHの分泌が多すぎる場合は卵巣がきちんと働いていないことが考えられます。

その場合は無月経となったり、排卵障害が起こったりする可能性があります。

この場合は卵巣性、つまり卵巣に問題があることによって起こる障害です。

 

まとめ

LHもFSHと同様に妊娠との関わりが深いホルモンです。

女性ホルモンの検査は排卵や月経の状態など、卵巣の働きに関するたくさんの情報を得ることが出来ます。

 

ただし、ホルモンバランスはストレスや食生活、睡眠不足などの影響を受けやすいので、数値は生活の質を反映するものでもある、ということを理解することが大切です。

コメントは受け付けていません。