飲み物を意識することで妊娠体質になる理由

飲み物 妊娠

飲み物って毎日とるものですよね。
とても身近にある存在だと思います。

飲み物を変えるだけで
妊娠体質になったらうれしいですよね?
不妊の原因は様々ありますが、
体質の部分は大切な要素です。
今回は妊娠体質になるための
飲み物についてお話しします。

妊娠体質を遠ざける飲み物とは?

まず、女性の体にとって
冷えは天敵です!
冷たい物や体を冷やしやすい飲み物を
たくさん飲むことで当然ながら体は冷えます。

ジュースや清涼飲料水

ジュースや清涼飲料水には砂糖が多く含まれます。
この砂糖は血流を悪くするので
体は冷えやすくなります。

コーヒーや緑茶

コーヒーや緑茶は利尿作用が強いため
水分を尿として排出しやすく
体温は下がってしまいます。
更にこれらにはカフェインが入っています。
カフェインには鉄の吸収を妨げる
タンニンという成分が入っているので
貧血や血流不足を起こしやすくなります。
出来る限りノンカフェインのものを選びましょう。

アルコール

適度のお酒には血行促進やリラックスの効果がありますが、
飲みすぎた場合は体を冷やしやすくします。
アルコールには利尿作用があり、
尿として体内の水分は外に出されます。
多くの水分が排出され、
血液の濃度は高まることで
血流は悪くなります。
また、アルコールを飲むと欲しくなる塩分。
これも妊活中の女性にとってあまり良くないので
出来るだけ控えるようにして下さい。
アルコールは適度に抑えるようにして
楽しむことをおすすめします。

妊活中に効果がある飲み物

①ハーブティー

ハーブティーには色々と種類がありますが
オーガニックなものを選ぶといいでしょう。
シャタバリ、ジンジャー、オリンジピールは
有名なものになりますが効果的です。
女性にとって大切な子宮に与える影響や
冷え、血流改善が見込めます。

②ルイボスティー

ルイボスティーには体の老化を抑える抗酸化作用があります。
卵子の質が下がるのを
抗酸化作用によって抑えてくれるのです。
味に独特なクセがありますので
受け付けない方もいます。

③ローズヒップティー

ローズヒップティーにはビタミンが多く含まれています。

美容や健康にも効果がありますが、
卵子の質の維持にも効果的です。

④ココア

ココアには血管拡張の作用がある
ポリフェノールが含まれています。
更に、子宮環境を整える亜鉛や
貧血防止の鉄分が含まれているので
不妊で悩む方にはおすすめのドリンクです。
しかし、砂糖が大量に入っているものは
体を冷やしますので避けましょう。

まとめ

飲み物1つをとっても様々なものがあります。
少し意識してみてはいかがですか?
ただ少し意識を変えるだけでも
妊活に効果が出ます。
まずは冷やしてしまう要因を消していくことから
始めてもいいかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。