不妊治療でよく聞くAMHとは?

不妊治療の知識で知っておきたいAMHについて

AMHとはアンチミューラリアンホルモンの略です。
卵胞が発育課程に分泌される物であり、卵巣内に卵がどのくらい残っているかを示す値になります。

あくまでもAMHは卵子の数を示すものであり、いい質かを判断するものではないということを覚えていてほしいと思います。

年齢が高くなってもAMHの値が低いことで妊娠出来ないというわけではないということです。

AMH=妊娠率ではないということ

不妊で悩む女性でよく誤解を招くのが、AMHが低い=妊娠率も低いと考えてしまうことです。

AMHはあくまでも卵子の数になりますので、低いからと言って質の良い卵子がないわけではありません。
数は少なくても妊娠まで至る卵子はあるということを忘れないでください。

実際にAMHが低くても妊娠している方はいますので、この情報で混乱しないようにすることが大切です。

AMHの正常値とは?

AMHは年齢が上がるにつれて、その全員の値が少なくなるわけではありません。
20代の方でも値が低い方はいます。

ただし、同年齢に比べて低いか高いかを知っておく必要があります。
年齢グループ別にみると20代よりも40代の方が低いデータがあります。

基準値として年齢別にご紹介します。
25~30歳・・約6ng/ml
30~35歳・・約5ng/ml
35~40歳・・約4ng/ml
40歳以降・・約1~2ng/ml

上記はあくまでも参考の値となっております。

AMHは高すぎても良くない?!

AMHは高ければいいというものではありません。
値が4~5ng/ml以上ある場合は多嚢胞性卵巣(PCOS)が疑われます。

PCOSは卵巣内に多数の卵胞が存在し、排卵障害をを起こしやすく月経不順や不妊症の原因になります。
数値は基準値内にあることが大切です。

まとめ

不妊症で悩む女性のお話しを聞いているとAMHの値をよく気にしている方が多いですね。
上記でお話ししたように、
AMHが低い=妊娠出来ないと考えている方もいます。

年齢とAMHの値を気にしてナーバスにならずに目標と意志をもって妊活に取り組んでほしいと思い

コメントは受け付けていません。