妊娠のカギを握る女性ホルモン

妊娠のカギを握る女性ホルモンについて理解しよう

妊娠と女性ホルモンは切っても切れない深い関係にあります。

不妊に悩む多くの方はこの女性ホルモンのバランスが崩れていることが多く、病院の不妊治療ではホルモン療法がおこなわれています。

この妊娠のカギを握る女性ホルモンについてきちんと理解することは、妊活中の貴方の身体の状態をご自身がしっかり理解するということでもあります。

 

今回はこの妊娠に関係の深い女性ホルモンについてお話しましょう。

妊娠に関わるホルモンの種類

妊娠に関わるホルモンには様々な種類があり、いろいろな場所から分泌されています。

ホルモンは血液によって運ばれて各器官に作用します。

 

視床下部から分泌されるホルモン

性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH

下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体ホルモン(LH)の分泌を促すホルモンです。

 

下垂体から分泌されるホルモン

卵胞刺激ホルモン(FSH)

卵巣に作用して卵胞を発育させたり、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を促すホルモンです。

また、月経周期のコントロールにも関わっています。

このホルモンは男性も分泌しています。

男性の場合は、睾丸の発育や精子の生成を促す働きがあります。

 

黄体化ホルモン(LH)

卵巣の成熟した卵胞にを刺激して排卵を促し、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促進させる働きがあります。

 

プロラクチン

乳腺に作用して、乳汁の分泌を促すホルモンです。妊娠中は卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)がプロラクチンを抑制しているため乳汁の分泌はありませんが、出産後は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの抑制がなくなるため、乳汁の分泌と生産が盛んになります。

血中のプロラクチンの値は不妊症とも関わりがあります。

 

卵巣から分泌されるホルモン

卵胞ホルモン(エストロゲン)

卵胞の発育とともに分泌されるホルモンで、子宮内膜を増殖させて厚くしたり基礎体温を下げる働きがあります。また、頸管の粘液の分泌も促します。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)

受精卵が着床しやすいように子宮内膜の状態に整えて、妊娠を成立させ継続させる働きがあります。

女性ホルモンと排卵・月経の関係

妊娠に向けてホルモンの動きは排卵と月経という形で毎月繰り返されています。

つまり、ホルモンの動きが月経の周期を決めているということです。

ホルモンバランスと排卵、月経周期、子宮内膜は深い関係にあり、不妊の原因を考える上でとても重要なことです。

 

このホルモンバランスと月経周期についてはいずれお伝えしますが、次回以降妊娠に関わるこの女性ホルモンについてさらに詳しく見ていくことにしましょう。

 

コメントは受け付けていません。