不妊体質を改善しよう! 食事・栄養編2

こんにちは!

暢寿堂の松見です。
今回は前回の続きで妊娠しやすい身体に、体質改善するために必要な
食事栄養について、今回は「鉄」と「亜鉛」についてです。

鉄分

鉄は粘膜をつくる原材料になります。
赤ちゃんにとって居心地のいいベッドをつくろうとするとき、粘膜はクッションの役割をはたします。
反対に鉄欠乏で粘膜がうまくつくられないと、硬くて寝心地のわるいベッドになってしまいます。
いつ赤ちゃんがやってきてもいいように、十分に鉄分を摂取しましょう。
また妊娠中のお母さんは自分の身体だけでなく赤ちゃんにも酸素を届けなければならないため、赤血球の量がふえます。
よって妊娠前の倍の量が必要だと言えます。

鉄の必要摂取量

女性は月毎に一定量の鉄分を月経で消耗してしまいます。 妊娠前であれば、1日の必要量は2mgとなります。
妊娠中であれば倍の4mg要求されることになります。

鉄が含まれる食物

・豚レバー
・鶏レバー
・牛レバー
・鰹・煮干し
・アサリ

 

亜鉛

牡蠣などよく含まれていることで知られる亜鉛も妊娠時に大切な栄養素です。

お腹にに宿った赤ちゃんは1つの細胞を2つに、2つの細胞を4つにと細胞分裂を何度も行って成長していきます。 亜鉛にはこの細胞分裂を促す働きがあります。

その為、母体に亜鉛が足りない状況があると、赤ちゃんの細胞分裂がうまくいかず、低体重、低身長、といった影響を及ぼしてしまいます。 さらに亜鉛には鉄同様に粘膜をつくる材料となるため子宮内膜の成長をうながし受精卵の着床を確実にさせる作用がありますので妊娠前にも意欲的にとりいれたい栄養素です。

 亜鉛を含む食物

・牡蠣

・豚レバー

・牛赤身

・スルメ

・ウナギの蒲焼

これらの食物に亜鉛は含まれていますので、妊娠前も妊娠中も意欲的に取り入れて妊娠しやすい体質に改善していきましょう。

次回は妊娠時に必要な栄養素としてよく知られている「葉酸」を含むビタミン群についてお話したいと思います。

 

コメントは受け付けていません。