私もう無理・・妊活に行き詰ったらどうする?

妊活への固定概念

「私って不妊症なの?」
こんな不安を持った女性が現代ではたくさんいらっしゃいます。
カップルの6組に1人が不妊というデータがあるくらい増えていますね。

一昔前は自然に妊娠出来るのが当たり前だったので、
そもそも不妊というワードがあまり知られていませんでした。

日本の不妊症の定義が最近変更されて、
1年以上夫婦生活をしても子宝に恵まれない
というものになりました。

そのため病院の診断や様々な情報で
不妊症というものが身近になってしまっているのが現状です。

私は色々な人から不妊の悩みを聞きます。

その中には
半年子供が出来ないので病院の治療を処方を受けている、
病院の薬をやめてしまうのがとても怖い、
色々な情報があり過ぎて怖くなる
など様々なものがあります。

やはりその中でも、
病院の診断と治療が絶対!
と考えている方が多いですね。

そうして早い段階からステップアップの治療することや
排卵誘発剤の使用などに走っていしまうんです。

妊活に行き詰ったら・・

ここで1番お伝えしたいのは
妊活の選択に固定概念を持たないでほしいということです。

自分に合った妊活をし、
ストレスなく行うことは大切だと思います。

やめる勇気というのも大事なのです。

先日来た患者さんは、
薬のみの治療に疑問を感じていたが
不安でやめられないという悩みを持っていました。

何かしていないと全く妊娠できないのでは?
と思いながら1年間薬を飲み続けたそうです。

ですが、薬を飲み始めてから
排卵が遅れたり
基礎体温が乱れたりしたそうです。

私は薬の使用をやめてみてはいかがですか?
と伝えました。

不安はまだあるそうですが
笑顔でその方は帰っていきました。

妊活をしていると
先が見えなくなることがあります。

そんな時は気分転換をしてみたり
今までやっていたことを一旦やめたりして
何かを変えてみてはいかがでしょうか。

ストレスが妊活に与える影響

病院の待ち時間やネットの様々な情報で
ストレスを感じているという方は少なくないと思います。

ストレスは血流を悪くしたり、
ホルモンバランスを乱したりします。

それが原因で生理周期や基礎体温は乱れます。

悪循環が発生してしまうので
リフレッシュすることは大切ですね。

こういった考えを持って
妊活に取り組む必要がありますので、
参考にしてみて下さい。

鍼灸師
羅針堂 高瀬

コメントは受け付けていません。