体質改善で自分に合った漢方選びの第一歩は細かい変化に気付くこと

体質改善で自分に合った漢方選びの第一歩は細かい変化に気付くこと

前回は漢方の副作用についてお話しをしていきました。

こちらを参照してください。

 

漢方には副作用はないの?

 

今回はより良い漢方の選び方についてお話ししていきたいと思います。

まず、不妊症を始め体質を改善させていく治療の場合

腰痛などの症状と違い、すぐに大きな変化があるわけではありません。

 

 

 
身体の中で少しずつ変化が起こり、やがて自分で気付くレベルになっていきますが

この時に普段から細かいところに意識を向けていないと身体の変化に気付きづらくなります。

 

 

 
漢方薬も同様に飲んだからと言ってすぐに変化を感じられるわけではありませんが

細かい変化に気付けるようになっていると自分に合っているのかどうか分かり易くなりますので

次のようなところを普段から意識を向けてみましょう。

 

 

 

・気温や気候に体調が左右される

・体質が生理周期によって変わる

・睡眠時間がいつもと違った時に体調の変化がある

・食事の量やバランスで体調が変わる

 

 

などなど、日常生活や生理周期などで身体に影響が出てきます。

 

 

 

 

・日中眠くなる

・身体がだるくなる

・便通が悪い

・お腹が突っ張る

・いつもより冷えを感じる

 

 

このように少し自分の身体と向き合うだけで色々な変化があります。

 

 

 

漢方で変化を感じよう

漢方を飲むことで身体に変化が表れてきます。

いきなり、自分の体調に合った漢方に巡り合えれば良いですが、

「この症状は良くなったけど、この症状は残っている」というケースが良くあります。

 

 

 

また、漢方を飲むことで「身体のだるさがなくなった」「睡眠がしっかりとれるようになった」など

意識して感じることで見えてくる改善したポイントがあります。

 

 

 

 

これらの変化を見逃さないようにしましょう。
もちろん、不妊治療で大切な「生理不順の改善」「生理痛の改善」「体温の変化」など

分かりやすいところの変化もしていきますので、飲み始める前と比較を出来るようにしておきましょう。

 

 

 

 

※漢方は1日2日で改善がみられるものではないので数週間から数ヶ月試していくようにしましょう。

 

横浜市 鶴見区

羅針堂鍼灸整体院 佐藤

コメントは受け付けていません。