基礎体温 低温期は妊娠にとって重要な時

妊活中の基礎体温で気になるのは低温期より高温期の体温でしょう。

しっかりと上がらない、

高温期が短い

こんなお悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。

 

しかし、低温期は高温期と同じくらい妊娠にとってとても重要な期間です。

妊娠に向けて身体を整えるためにも、低温期における卵巣の働きについて改めて見つめ直してみましょう。

低温期の卵巣

低温期とは生理開始日から排卵日までの約14日間です。

この低温期が卵巣の働きにとってとても重要な期間となります。

排卵までのこの期間に卵巣はどんな働きをしているのでしょうか。

エストロゲンの分泌と働き

低温期は卵胞期といって卵胞が育つ時期です。

卵胞は卵巣の中でエストロゲン(卵胞ホルモン)によって育っていきます。

このエストロゲンは卵胞の中の顆粒細胞というところでアロマターゼという酵素によってアンドロゲンから変換されています。

変換される仕組みについては複雑ですので、また改めて別の機会に説明しましょう。

 

エストロゲンの働きは卵胞の成熟を促すだけでなく、受精卵の着床を助けるため子宮内膜を厚くします。

また、エストロゲンには基礎体温を下げる働きがあります。

エストロゲンが分泌される卵胞期が低温期である理由はここにあるのです。

低温期の体温が高い原因とは

低温期の平均体温は36,2℃~36,5℃と言われています。

低温期に体温がしっかりと下がらない場合、エストロゲンの分泌が十分でない可能性があります。

原因として考えらることは

・貧血による微熱

・寝不足やストレスによるホルモンバランスの乱れ

・長期間のホルモン治療

などが考えられます。

 

低温期と高温期の差が0,3~0,5℃でしっかりと2層になっていれば、低温期が高くても心配ないことが多いのですが、まずは貧血などがないか体調をチェックしてみましょう。

また、体温が低すぎるのもいけません。

冷え症の改善や寝不足などの生活環境を見直して、身体を整えることが大切です。

コメントは受け付けていません。