妊娠するための基礎体温で知っておくべきこと

妊娠に必要な基礎体温とは?

基礎体温は妊娠力を高めるために必要な要素になります。
これをしっかりと把握し自分の体の状態、妊娠のタイミング、生活習慣などを知ることで子供を授かる準備を行えるようになります。

そもそも基礎体温とはどういったものなのか?そのあたりを説明したいと思います。

基礎体温は寝起きで体温が一番安定しているときに測るものです。
体を動かしたり、寝返り多くすることなどで体温は簡単に上昇してしまいます。
これを予防するためにも起き上がる前に測ることが大切なのです。

理想の基礎体温のグラフとしては、生理周期の半分の日を排卵日とし前半を「低温期」後半を「高温期」としっかりと体温が2層に分かれていることです。

ここでホルモンのバランスを知ることができます。
卵胞ホルモン・黄体ホルモンといったものが周期によって女性の体から出ますが、これらのバランスが崩れることで基礎体温が乱れる原因にもなります。

妊娠は基礎体温から

妊娠を希望しているカップルにとって最初のアプローチとしてはタイミングを計って性行為することですね。
このタイミング法を行うにあたって大切なのは基礎体温の把握です。

一般的には基礎体温が最も下がった日が排卵日とされておりますが、それを正確に知ることは難しいと思います。
さらに、排卵日付近で妊娠する確率が上がりますので過ぎてしまってからでは遅いという事態も招きかねます。
そこで基礎体温をしっかりと測ることでタイミングをとりやすくしてくれるのです。

ただし、体温に関わらず排卵は起きてしまうこともありますのでご注意ください。

基礎体温グラフの理想は?

基礎体温を測るうえで知らなければいけないのは、どういった形が理想なのかということです。

・しっかりと体温が2層に分かれている
・14日前後で体温の上昇がある
・28日~32日までに生理がある
・低温期、高温期共に14日程度ある
・周期ごとに大きなバラつきがない
・低温期と高温期の差が0.3から0.5度くらいある

このようなところを注目することが大切になります。

ただし、体温を測ることがストレスになってしまうことも良くはありません。
例えば体温に少々のバラつきがあるからと言って落ち込んだりイライラしたりして憂鬱になることが1番悪いことになります。

あまり感情は持たずに作業として測っていくことをオススメします。

不妊治療にもたらすクスリの影響

基礎体温をつけながらクスリを飲んでいる方もいらっしゃると思います。
クスリの影響で体温の上下が起こりうることを覚えておくといいでしょう。
更にクスリによっては生理周期を乱すことも頭に入れておくといいと思います。

プロゲステロン製剤やルトラールなどは人工的に体温を上げる作用があります。

医師の指示と自分のしっかりとした考えを持った服用を願いたいですね。

コメントは受け付けていません。