不妊治療で腰を温める必要性

こんにちは!暢寿堂(ちょうじゅどう)の松見です。

今回は腰を温める重要性についてお話ししたいと思います。

一般的に冷え性が不妊に関係していることは知られていると思われますが、何故腰を温める事が不妊解消につながっていくのかわかってない方が多いと思われますので、説明していきたいと思います。

腰を温める必要性

 

妊娠する為の重要な臓器は全て骨盤腔というところにおさっまており、心臓からおくられた血液が巡り栄養されいるのですが、心臓から骨盤内の臓器に新鮮で栄養に富んでいる血液が臓器に到達する際に、腰回りの筋肉に圧迫をうけて鬱血(うっ血 血が淀んでしまい綺麗に流れない事 )してしまい臓器に充分な血を受けとる事ができません。

臓器が充分な栄養(血)を受け取れないと、子宮内膜(受精卵を着床させるベッド)がきちんと発育しなかったり、卵巣が良質な卵子を育てる事が出来なかったり、さまざまな弊害がでてきます。

腰を温める事によって腰から骨盤に巡る血管を拡張し(血管は温めると自然に拡張します。ストーブなどにあたると皮膚が赤くなるのは皮膚に巡ってる抹消血管が拡張した為に赤く見えるのです。)骨盤内臓器(子宮や卵巣など)に血流を増やす事で臓器本来の力を取り戻し、妊娠に備える事が重要です。

 

手軽に腰を温める方法

腰を温めるのに1番お手軽で簡単な方法としては身近な物では、カイロが良いと思います。リーズナブルだしコンビニでもどこでも手に入れる事ができますので。
カイロを仕様する際には低音火傷には十分に注意して下さいね。

カイロを貼っていても腰から下が全く温まらないときは、ウォーキングなど下半身使う運動を取り入れると更に効果が倍増します。

それでもなかなか腰から下、下半身が中々温まらない時は1度専門家に相談してみてもいいかと思われます。不妊治療に特化している治療院では冷えに対する知識や技術に富んでいる治療院が多いので貴方の悩み解消の一助となると思いますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントは受け付けていません。